奈良市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

奈良市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 15時03分

引っ越しが決まって、学校に通う子供がいれば転校の手続きが必要となることが多いですよね。転校手続きというのが、いろいろ出向かなければならないですし、必要書類も多数あり困ることも多いと思います。急に決まった引越しの場合、新居の住所が分からないケースもあると思いますが、ポイントをチェックしておけば円滑に手続きを進行することができますよ。当サイトでは、子どもを過去に転校させた経験のあるわたくしが、順番に手続きにまつわるポイントをご紹介しようと思います。小学校の転校手続きQ&A個人的な事情で、転居先の部屋がまだ本決まりしていません。転校手続きは進めていいのでしょうか。A.転校と言うのは仕方なくするケースもありますし、特別OKが出る事もあり得ます。例としては、家庭での暴力やストーカーに悩み引っ越したいが、まだ固定の住所を決められない場合。特例が認可されているので、悩まずに相談んしてみましょう。そして特認校という小規模な学校の存在も。離れた住まいからでも通学可能な運営体制になっています。Q.転校手続きをする時、学校・市役所・教育委員会に子どもも同伴した方がベストですか?前の学校には保護者だけで連絡を取り、書類の提出等しましょう。いつ頃、転校するかを他の子ども達に言うかなど、担任と打ち合わせが必要となるため、子どもが同席していると話しづらいこともあります。新しい学校は逆に先生とお子さん、互いにどんな人か知っておきたいでしょうから、一緒の方がいいでしょう。ただ、子どものこと等相談などがあれば担任と相談をして、前もって会いましょう。Q.公立小学校→私立に、は転校できますか?A.大丈夫ですが、通常私学の方が勉強の進捗状況が事が多いです。転校してからキチンとした状況の把握は必須になります。急な事情があるとしょうがないですが、特に区外等への転校だと、手続き完了に何日か必要になるのが一般的です。そして両親とも共働きの場合だと、必要な手続きなどが休みの日にしか出来ず、「続きはまた次の休みに」なんていうこともあり、円滑に進まないケースもありがちです。引っ越し日の7日前に転出を申し出て、引っ越し後は14日のうちに転入届、同時に小学校の手続きもやってしまわないとならないのです。学用品を買い揃えたり、時間がかなりあっても足りない!という状況になりそうですので、できれば、なるべく小学校の夏や冬の長期休みにするのが一番だと思います。夏・春・冬休み中に焦らずに手続きを取りながら子供の様子をしっかり見て、ケアをしていく事が大事だと思います。